日本には、昔切手ブームがあったわけです

昔、切手ブームというのがあり、そのときに日本に大量に外国の切手が流れてきた経緯があります。ですから、実は相当にアンティークの切手が日本にある、ということになっており、今でもコレクターは多いです。子供のときにそうしたブームがあり、そこまで買い集められなかった人が再び買い集めている、という側面もあります。ちなみにコレクターというのは、世界的にいますし、かなりポピュラーな収集趣味でもあります。また、様々な方向性で集めることができますから、かなり色々とジャンルがあります。国別、時代別、色、大きさとかそうしたことで分けられますから、集めきれる趣味ではないです。しかし、だからこそ、一生の趣味にすることができるわけでもあり、人気があるのです。ちなみに経済発展をするところで何度かブームが来ていますから、日本でも再度、そうしたことになる可能性は十分にあります。収集ブームというのは、そうしたことであり、いつかわわからないですが、需要はあります。

きっての国のリリィ